--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ディフォルメあずにゃんこ 完成

2010年02月13日 15:57



やっと完成しました!
設定の色がついたことで何とかあずにゃんに見えるようになったような(笑
大きめ&多めの画像が[ 続きを読む ]で展開します。
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト

あずにゃん塗装中

2010年02月08日 21:35



もうちょっと、なんだけど…


今回グラデーション塗装で

ベース色でシャドウ吹き→ベース色に半ツヤクリアーを混ぜたものでオーバーコート

という最近のHJ誌フィギュア塗装講座の記事に載っていた方法をやってみてます。
わかりやすくて効果的!
この方法で肌の塗装がなかなか良さげにできました。

アルティメットホワイトの隠蔽力はかなり強くて気に入りました。
だからと言って表面がザラついたりしませんし。
これで限定品じゃなければいいのにね。

あずにゃん塗装準備編

2010年02月02日 21:12



レジンキャスト化したあずにゃんの下地処理が終了してようやく塗装に入れそうです。
ホワイトサフまで吹き終えました。




今回ネット上のレシピを参考に、自家製のホワイトサフを吹いてみました。
クレオスのベースホワイトとメタルプライマーを混ぜ合わせたものです。

比率はベースホワイト:メタルプライマー:溶剤を1.5:1:1.5くらい。

クレオスのベースホワイトは以前使って乾燥後表面がザラつくって印象があったんですが、
この混合だとメタルプライマーがクリアー成分の代わりをするのか表面がしっとりしていい感じ。
とりあえずこれで真っ白にするのはムリなので、この後に白吹きで使う予定の
ガイアノーツのアルティメットホワイトの隠蔽力に期待したいところです。

あと今回の塗装からカラーチップ(になる予定のプラ板)を用意して今までの適当混色を脱しようとか思ったり。
しかしこの時期のエアブラシ塗装は寒さ的に厳しいですね~。

驚きの白さ

2010年01月21日 23:03



そんなわけで複製が無事完了しました。

んー複製作業も久々なんですが、レジンキャスト化したものを再び組み上げるのは何度やっても快感ですね。
別の素材で再構築しちゃったよ!みたいな。

今回は
・塗装するために一つ複製品が手早く欲しい
・サイズが小さい
という理由で紙コップ内でシリコン型を作り、それを切り裂いて2面型を作る方法を取りました。
とあるひのコタツガさんのページで詳しく解説されている方法です。



いくらサイズが小さいとは言え、複雑な形や薄い形のパーツもある&パーツ数もそれなりに多い
ということでムリヤリという感じでもあったんですが、上手いことレジンが抜けてくれました。

この紙コップでの複製法は、初めて知ったときはホント目からウロコが落ちたぐらいのメリットだらけの複製法です。
ただ切り裂き法の一種であると思うので、パーティングライン周りでやはり運が絡む(笑
あとは紙コップで型を作るので、薄いパーツの複製にもちょっと余計にシリコンを使っちゃうとか。
実際画像のシリコン型を作るのに700gのシリコンを使いました。

…とつらつら書きましたが、そんな欠点はどうでもよくなるくらいの長所を持った複製方法ですよね。
小さくて単純な形のパーツのちょっとした複製に超有効。
レジンを流す際に再度紙コップに嵌めるので、3面型も気軽に作ることができたりと収穫もありました。

しかしホント無茶な設計だったのに綺麗に抜けてくれて良かったわあ…(;´∀`)

猫耳あずにゃん

2010年01月18日 01:17



やっと原型できたー。全高は約6㎝(猫耳含む)。




パーツ数はちょうど10個。

しっぽとスカート、ブレザーの干渉具合とか地味に頑張った(笑
ブレザーのボタンは適当なリベットがなかったので、0.5mmの真鍮線を打ち込んで断面をボタンとしました。

やっぱり予定よりも遅れたなあ、もうちょっと手が早くなりたい…

とりあえずは間髪入れずに複製に行くよ!


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。