--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仮申請通知とマジックスカルプ

2010年02月26日 01:34

先日トレフェス実行委員会から仮申請受理通知が届きまして、
僕担当のリコとあずにゃんこは無事本申請受付可能アイテムとして受理されました。
この通知が届いたってことで参加もOKですね。

あずにゃんこは完成してるからいいんですが、リコはその間手を付けてなかったので
本申請までに完成度を高めるべく急ピッチで作り込んでおります。

それとスクラッチでメインで使ってきたクレオスのエポパ高密度タイプの
表面処理後の状態にちょっと不満が出てきてしまったので、代替品を見つけるべく
以前から興味のあったマジックスカルプというエポパテを試してみました。



グラム単価は他のエポパテよりも安いってことは知ってたんですが、
手ごろな量からは売ってないので今まで購入までは至らなかったんですよね。

中は結構な量が入っていて、主剤はふわふわした感触で硬化剤はソフトキャンディみたいな感じ。
と言うか硬化剤は端っこの方とかカチカチになってる。
どうも硬化剤は手を付けないでおくと油脂が抜けてしまうようで、
一度全部容器から出して練り直す必要があるみたいです。その際模型用のシンナーを加えると良いそうな。

で肝心のハンドリング性能ですが、まずボソボソとしていてノビは悪い。
ボソボソしているものの、水によく溶けて練り込んだマジックスカルプ同士ならすぐ同一化してくれる。
水にならしながらのヘラ通りは素直で形作りやすい。多少弾力はあるかな?



と、ここまで試したところで感じたのは、
あくまで自分の感覚ですがこのハンドリング感覚はファンドそのものではないかと。
練ってる感触、水でならしながらのいじり具合はまさに石粉粘土でした。色とかもファンドに近い?

そんな感じで硬化前は割と融通が効いて良い印象でした。

硬化時間の方はかなりゆっくりで公称6時間とあるんですが、
冬場で室温が12、3℃くらいということもあるんでしょうが硬化まで12時間くらいはかかりました。
一日経っても表面は若干しっとりした感触だし、この時期は熱で硬化促進が必須なのかなあ。



硬化したマジックスカルプを削り込んでロボットの拳状にしてみました。

この削り込みについてなんですが、噂通りヤスリの目詰まりがけっこうひどいです。
主剤と硬化剤の配合比で改善されるとは聞いたんですが、あまり変わりませんでした。



使ってみた結果、今のところ常用使いにするにはちょっと厳しいですね。。
また暖かくなってきた頃に試してみたいと思います。
あ、でも硬化前にほとんどカタチを出せる人にはバッチリなのかもしれないですね。
スポンサーサイト

天熾鵬司馬懿サザビー購入

2010年02月22日 23:55



天司馬さんキター!! ボックスアートもカッコイイ…
早速1個仮組みしてみたところ、



第一印象はまず「デカイ!」でした。
600円という低価格帯の枠の中で、ラスボスの風格を出すべくすごく頑張ってる印象です。
ただプロポーションは若干チグハグに感じて、巷で言われてるように下半身が貧弱に見えますねぇ。
この辺りは三国伝ポリキャップの基本フォーマットの縛りもあると思われますが…




そこでお手軽にプロポーション変更をしてみました(主に両面テープで)。
肩幅を狭く、股関節を広げ足全体を伸ばして正面から見て三角形のプロポーションになるように。

それと兜の両脇の装飾部が金型の抜きの関係で兜と繋がっているので切り欠きました。
パーツ点数を増やせなかった影響でしょうが、ここが繋がってることで頭が大きく見えて損をしてるように思います。

あとは胸部の前後や、スネ、足首のボリュームアップでガッシリとした体系になれそうです。
けどとりあえずいじるのは他のものが終わってからにしないといけないですな。

あと今回の更新から撮影用のカメラが若干グレードアップしておりまして、
以前の画像よりかはマシになってるんじゃないかと思います。撮り方ももっと勉強せねば!

馬超製作 武器と暴走モード

2010年02月21日 19:35

個人的にガンプラの武器の製作はモチベーションの息切れポイントのひとつだったりします。
けど三国伝では合体武器や武器がバラけて強化パーツになったりするのであれこれ考えながら作れますね。



馬超の武器の製作は先端のシャープ化や肉抜き穴を埋めたりと基本的な工作がほとんどですが、
槍に関しては単体で持った場合柄が短く、ガンダムグリープの槍みたいなので
柄の延長パーツを真鍮線で着脱できるようにしてあります。
延長パーツは部隊兵の槍を加工したもの。ディテールも活かしてあったり。

ところで三国伝の武器の持ち手の軸って約3.1mmなんですよね。関節の軸なんかは3mmなんですけど。
まあ些細な違いなんですが、なぜか2.9mmしかないタミヤの3mm丸棒なんかは
特に武器の工作にはあんまり使えなかったりします。



それと武器の合体や本体に装備させるための四角いダボに
横からポリランナーを貫通させ、お手軽に凸部をポリ化してプラ同士の磨耗を防止してます。
着脱部のダボはちょっとでもポリパーツ化してあるとやっぱり安心。

そうそう馬超の前腕の形状を設定の形状に近付けたため、この武器のダボは凹凸がキットとは逆になってます。




最初に暴走モードを見たとき、頭の竜のパーツでかすぎじゃない?とか思って
あんまりかっこ良くは見えなかったんですが、最近は改修した甲斐もあって気に入ってます( ´∀`)
胸の竜のパーツの位置を若干下げたり、頭の竜のパーツに負けないように逆立った髪を大型化しました。
暴走時の赤目がチラ見するのがいいよね。



それら暴走時に装着するパーツはネオジウム磁石を仕込んでます。
これで外観を損ねずに着脱可能に!右のパーツ、両サイドの磁石での頭部への着脱はスペースギリギリでした。。

来月で馬超発売から一周年かあ…うむむ。

トレジャーフェスタ in有明3

2010年02月16日 20:27

5/4のトレフェス有明に参加を申し込みました。

今回メンバー2人と僕、計3人でそれぞれアイテムを担当して参加する予定です。

僕担当の頒布予定のアイテムは製作中の倉橋リコと先日完成したディフォルメあずにゃんです。

ディフォルメあずにゃんについては、モチーフにさせていただいたイラストを
描かれた絵師様が快く頒布の許可をくださったので、版権が降りれば頒布できる予定です。

それからそのモチーフイラストのタイトルが「おねだりあずにゃんこ」ですので
今まであずにゃんと呼んできた名前は「あずにゃんこ」になりますね。

と言うのももう完成まで何方が描かれたイラストか分からずに作ってたんですが、
完成後fgにアップした後にすぐに教えてくださった方がいて、
それでイラストの詳細が分かり、絵師様ともコンタクトが取れた次第です。

このときは教えてくださった方と、あとfgのSNSのシステムに感謝しました(笑

ちなみにfgにアップしたあずにゃんこですが
今回もまた多大な評価をいただきまして、もうホントに嬉しく思います。
ウチのあずにゃんこも部屋を駆け回っております。にゃふー

最後にトレフェスですが参加の可否の通知がきたらまた正式に告知したいと思います。

ディフォルメあずにゃんこ 完成

2010年02月13日 15:57



やっと完成しました!
設定の色がついたことで何とかあずにゃんに見えるようになったような(笑
大きめ&多めの画像が[ 続きを読む ]で展開します。
[ 続きを読む ]


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。