--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

驚きの白さ

2010年01月21日 23:03



そんなわけで複製が無事完了しました。

んー複製作業も久々なんですが、レジンキャスト化したものを再び組み上げるのは何度やっても快感ですね。
別の素材で再構築しちゃったよ!みたいな。

今回は
・塗装するために一つ複製品が手早く欲しい
・サイズが小さい
という理由で紙コップ内でシリコン型を作り、それを切り裂いて2面型を作る方法を取りました。
とあるひのコタツガさんのページで詳しく解説されている方法です。



いくらサイズが小さいとは言え、複雑な形や薄い形のパーツもある&パーツ数もそれなりに多い
ということでムリヤリという感じでもあったんですが、上手いことレジンが抜けてくれました。

この紙コップでの複製法は、初めて知ったときはホント目からウロコが落ちたぐらいのメリットだらけの複製法です。
ただ切り裂き法の一種であると思うので、パーティングライン周りでやはり運が絡む(笑
あとは紙コップで型を作るので、薄いパーツの複製にもちょっと余計にシリコンを使っちゃうとか。
実際画像のシリコン型を作るのに700gのシリコンを使いました。

…とつらつら書きましたが、そんな欠点はどうでもよくなるくらいの長所を持った複製方法ですよね。
小さくて単純な形のパーツのちょっとした複製に超有効。
レジンを流す際に再度紙コップに嵌めるので、3面型も気軽に作ることができたりと収穫もありました。

しかしホント無茶な設計だったのに綺麗に抜けてくれて良かったわあ…(;´∀`)


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://deletus.blog96.fc2.com/tb.php/29-6fb4ede2
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。